> amazonギフト券の現金化について

Amazonギフト券 すべてのお客様一律買取94%【メールで簡単】【即日振込み】【大口対応可能】最短30分でお振込み!振込・査定・送料・返品手数料すべて無料

アマゾンギフトの購入方法。(docomo/softbank/au)スマートフォン決済ご利用可能

1.amazonギフト券を現金化する主な訳とは:

amazonギフト券を現金化する訳は利用者によって多岐に渡りますが、特に多く見受けられるのが「不要なamazonギフト券の有効活用」と「クレジットカードにて購入したamazonギフト券を換金することによる遠回しな現金化」の二つです。

amazonギフト券を現金化する主な訳とは
「不要なamazonギフト券の有効活用」については更に二つのパターンに分かれます。amazonギフト券は、利用先となるamazonが非常に巨大なシェアを誇る世界トップクラスの通販サイトである事実も手伝って、しばしば贈答品として利用されます。しかし、贈答された方がamazonを利用していない場合、amazon以外で利用することのできないamazonギフト券は用途に困るものとなってしまうでしょう。しかし現金化を行うことで、用途のないamazonギフト券を現金に替える有効活用することができるのです。

もう一つのパターンとしては、誤って購入してしまったamazonギフト券を換金するというものがあります。amazonギフト券は用途に応じて多数の種類が用意されており、コンビニなどで容易に購入することが可能です。しかしその容易さが災いし、誤って多額のamazonギフト券を購入してしまったり、他のサービスに用いるギフト券と間違えて購入してしまったりするケースが頻発しているのです。そういったミスによって購入したものであっても、基本的にamazonギフト券は返金や返品を受け付けていません。そのため、現金化を行うことで損失を取り戻す流れにつながるのです。現金化は平均して高い換金効率を誇っているため、誤購入による損失を10%程度に抑えることが可能となります。

「クレジットカードにて購入したamazonギフト券を換金することによる遠回しな現金化」については読んで字のごとく、amazonギフト券を経由してクレジットカードの利用額を現金へと替える現金化となります。こちらは法に抵触することのない新しいクレジットの現金化として注目を集めており、amazonギフト券の現金化サービスの利用者の中でもかなりのシェアを占めています。

2.そもそもamazonギフト券と同類のwebマネーは現金化できるのか?:

amazonギフト券の他にも、バーチャルな金券やバーチャルマネーに分類されるサービスは多数存在します。しかしamazonギフト券のようにプリペイドやクレジットで購入して入金するものであっても、買取サービスを行っているものはそう多くありません。webマネーの中でもトップクラスのシェアを誇る「Edy」も現金化は非常に難しく、買取サービスを行っている業者はわずかに存在するのみ。なおかつ換金率もかなり低く抑えられています。

そもそもamazonギフト券と同類のwebマネーは現金化できるのか?
webマネーの中でも携帯電話キャリア「au」が行っているプリペイドサービス「au wallet」はau walletカードを利用した現金化サービスが機能しています。ただし、au walletカードについて不正利用などに対する保証制度などがほぼ存在しないため、買取に出す際には危険が伴ってしまうでしょう。

こういったwebマネーを現金化する場合、買取サービスの利用はほぼ不可能となるため、自分で商品を購入し、それを買取に出して買取金額を現金で受け取る形式を取らざるを得ません。もちろん現金化サービスを利用するよりも買取率ははるかに落ちますし、あまり頻繁に行えばクレジットやwebマネーの現金化目的であるとして買取店側から注意や警告を受けてしまう可能性があります。

ただし、webマネーの中でもGoogle PlayやiTunesなど、amazonギフト券とほぼ同様の、先払いで番号を購入する形式を取っている有名サービスについては多くのサイトが買取サービスを実施しています。amazonギフト券の買取業者が並行してそれらの買取を行っているケースも多いでしょう。

3.amazonギフト券を現金化する場合の限度額は業者次第:

amazonギフト券の現金化を行う際の限度額は、業者によって異なります。法律などによって明確な基準が設けられていないため、業者の都合によって限度額が設定されることになるのです。限度額についてはかなりばらつきがあるようですが、少なくとも10万円ほど、多ければ数百万円単位で買取を行っている業者も存在します。

amazonギフト券を現金化する場合の限度額は業者次第
ちなみに限度額については業者の規模が反映されやすいポイントでもあります。小規模な買取業者であれば限度額は低く抑えられますし、逆に保有資産の大きい業者であれば多額の買取を行う余裕があるのです。もちろん、規模の大きい業者があえて買取限度額を抑えているケースもありますので、この判断基準が絶対とは言えません。

ちなみにクレジットカードの現金化を目的に買取サービスを利用する場合、あまり多額のギフト券を何度もクレジットカードで購入するのは避けるべきです。amazonギフト券買取サービスによるクレジットカードの現金化については法で詳しく裁定されてはいません。しかし、ほんのわずかではありますが、クレジットカード会社から注意や警告が行われたケースが存在しているのです。

そういったケースのほとんどは、多額の現金化をあまりにも頻繁に行ったためにクレジットカード会社から用途について調査が入り、結果として現金化が融資として判断されてしまったという流れになっています。こういった事態を回避するためにも、買取上限額にかかわらず、amazonギフト券の買取サービスによるクレジットカードの現金化は節度を持って行いましょう。

4.amazonギフト券の番号だけを現金化することは可能?:

カードタイプ、Eメールタイプなど様々な形式を取っているために勘違いされやすいのですが、amazonギフト券の本体はギフト券に記載されている16桁の番号です。そのため、たとえカードタイプのギフト券を購入した後でギフトカードを紛失してしまったとしても、ギフト券の番号さえ控えてあるのならその番号だけでギフト券として利用できるのです。

amazonギフト券の番号だけを現金化することは可能?
ギフト券そのものではなくギフト券番号が本体として扱われるのは買取の際にも同様であり、通常の利用と同じく、ギフト券そのものを紛失していてもamazonギフト券の番号さえ残っていれば現金化することが可能となります。逆にギフト券そのものを所有していても、そのギフト券からギフト券番号が失われている場合は買取ができません。

用紙を汚損して番号が読み取れなくなってしまったシートタイプのamazonギフト券や、ギフトカード背面に記載されているギフト券番号が削れてしまったりしたカードタイプのamazonギフト券などを買取に出すのなら、番号の再発行手続きを行ったり取引レシートを確認したりするなどして番号を再入手しなければなりません。

amazonギフト券の本体はあくまでもギフト券番号であるため、ギフト券を購入した後はなるべく速やかにギフト券番号を控えておくことを推奨致します。物理的媒体を伴うタイプは当然汚損や紛失の危険性が存在しますし、電子データとして取り扱うタイプにも誤消去やPCデータの破損などによって消失する可能性があるのです。

5.amazonギフト券を自動で現金化することは可能なの?:

基本的にamazonギフト券を現金化する際には、買取業者の運営する買取サービスに申し込む、オークションサイトで売りに出す、amazonにて商品を購入して売却する、などの方法を主導で行わなければなりません。優れた買取業者を利用すれば買取手続きの量や買取金額の振り込みまでの時間をかなり削減することが可能ですが、完全な自動化は不可能です。

amazonギフト券を自動で現金化することは可能なの?
購入したamazonギフト券を自動的に現金化するシステムというものは構築されておらず、わずかではありますが、どうしても主導で行わなければならない手続きが挟まれてしまうのです。完全な自動化ではありませんが、iTunesカードやamazonギフト券の販売と購入に特化した取引サイトを用いることで一部の手続きを自動化し削減することは可能となります。

こちらを利用する場合、購入したamazonギフト券を出品するだけでこちらが行う処理は終了となります。後はamazonギフト券が必要な誰かが出費されているギフト券を購入することで、自動的にサイト上で取引が行われ、口座に現金が振り込まれるという仕組みです。

ただしこちらを利用したとしても出品したamazonギフト券が購入されるまでに時間がかかってしまうこともありますし、何より誰かがギフト券を購入してくれるという保証はありません。誰もその金額のギフト券を求めていなかったのなら、いつまで経ってもギフト券は購入されないでしょう。手間こそ削減されますが、時間については買取業者よりもかかると捉えたほうが良いでしょう。

6.amazonギフト券を現金化するためにおすすめしたい方法は?:

amazonギフト券を現金化するの際、もっともおすすめできる方法はやはり買取業者を利用することです。これは買取業者のほとんどが90%前後という高い買取率を誇っているためにギフト券の額面からの損失が少ない点と、そして買取業者の豊富さが大きな理由として挙げられます。

amazonギフト券を現金化するためにおすすめしたい方法は?
2014年頃を境に買取業者は爆発的に増加し、amazonギフト券を専門に買い取っているWEB上の買取業者だけでも300を超えていると言われています。これだけ多数の業者が存在するということは、すなわち数多の業者の中から自分にとって都合の良い業者を十分に吟味できるということを意味しているのです。

1000円程度の少額から買取を実施している業者もあれば、数百万円まで買取を行う業者、果ては買取限度額を設けていない業者まで存在し、さらに1円単位の端数まで買取を行う業者も見受けられます。

営業時間も業者によって多岐に分かれるため都合の付きやすい時間帯に運営している業者を選ぶことも容易でしょう。そして前述したように、既にアカウントへと登録してしまったギフト券残高の買取を行っている業者もわずかながら存在し、また買取金額や買取に出すamazonギフト券の種類によっては各種手数料を業者が負担するサービスが実施されていることもあるのです。

amazonギフト券の買取サービスは多数の買取業者がしのぎを削っている業界であるため、業者はサービスに様々な特色を付与することで他との差別化を図っています。利用者はその中から、もっとも自分にとって都合のよい業者を選択すればよいのです。

7.自身が思うお得にamazonギフト券を現金化する方法:

amazonギフト券を少しでもお得に現金化するのなら、買取業者にEメールタイプのamazonギフト券の買取を申し込むのが良いでしょう。Eメールタイプのamazonギフト券はamazonギフト券の中でも少々異質な存在で、発行から利用されるまでの間、一切の物理的媒体を伴いません。

自身が思うお得にamazonギフト券を現金化する方法
amazonギフト券はギフト券番号を本体とするバーチャルな金券でありながら、Eメールタイプ以外のタイプはカードやシートなどの物理的媒体を一度は経由します。そのためにEメールタイプ以外の、物理的媒体を持つタイプのamazonギフト券を買い取る場合、買取業者は「古物商営業許可」を申請し取得する必要があります。しかしEメールタイプは一切の物理的媒体を持たないため、この許可を取得することなく買取を行うことが可能なのです。こういった事情により、Eメールタイプだけを専門に取り扱う業者も存在しています。

このような法律上の理由と、そして「Eメールの形で送付されたギフト券を業者のアドレスに転送するだけ」という買取手続きの容易さから、Eメールタイプのamazonギフト券は多くの業者にて取扱い上優遇されています。Eメールタイプのみ買取率が上昇する、各種手数料が無料になるなどの金銭面で厚遇する業者もあれば、Eメールタイプであれば買取額をいち早く口座に振り込むというように時間の面で厚遇している業者も見受けられるのです。買取に出す目的でamazonギフト券を購入するのなら、Eメールタイプを選ぶと様々な面でお得な恩恵を受けることができるでしょう。

申し込み

このページの先頭へ戻る